船橋市・市川市を中心とした
お家さがし&リノベーション専門店

TOPICSトピックス

【コラム】賃貸と購入ってどっちがお得なの?

東京オリンピックを控えて、特に首都圏では新築マンション高騰が目立ち、「夢のマイホームを購入しないで賃貸暮らしでいいのでは?」そう考える方が増えているようですが、最近はオリンピック延期や新型コロナウイルスなどの影響で事情が変わってきているようです。
首都圏を中心に不動産価格は下落傾向にあり、実は今が不動産の特売セール期間ともささやかれています。

・自己所有ではないので、内装や間取りなど変更できない。
・単身者や夫婦二人向け物件が多く、ファミリー向け物件が少ない。
・定年退職後も家賃を払い続ける必要がある。
・高齢になるほど新規の入居がむずかしくなる。

など、賃貸暮らしにはいくつかデメリットもあります。

 

 

特に老後の暮らしを安定させるには、資産になるマイホームを購入した方がお得かもしれません。
自営業の方にとって資産を持つことは重要ですのでお勧めです。

一生賃貸暮らしと新築住宅購入ではどちらがお得なのか、また既存住宅購入の選択肢は?などさまざまなシミュレーションがされていますが、結論としては賃貸と新築ではトータル金額に大差がないようで、既存住宅にリノベーションが一番お得で賢い購入方法かもしれませんね。

≪賃貸と購入での暮らしを比較してみましょう≫

◎首都圏マンション(65㎡)の場合

・賃貸に35年住んだ場合
家賃4,200万円(月10万円×12か月×35年)+更新料 約200万円 → 4,400万円
・新築の平均価格:4,200万円+諸経費 約300万円→ 4,500万円
・既存の平均価格:2,700万円+諸経費 約200万円+リノベーション費用:900万円 → 3,800万円

全額住宅ローンを組んで、『既存マンションにリノベーション』、これが一番お得です(^_-)-☆
さらに、既存マンションは新築より圧倒的に物件数が豊富なので、よりリーズナブルな予算で物件を探せます。

マンションは築25年ほどで不動産価格の下落幅が底値になり、以降は横ばいで価格が推移する傾向にありますので、比較的安価で購入することができます。また、築年数が経っていても計画的に修繕されている住宅であれば、リノベーションで新しい内装にすれば新築同等レベルの注文住宅に生まれ変わるんです(^^♪

ぜひ一度、私たちプロに一度ご相談ください(^^)/

PAGETOP